ひさしぶりに真剣に彼を描いたせいか、どこか以前より雰囲気が変わってしまったクロノくんです。

なるべく そういう事は気にしたくなかったので、主線描きと着色をチャチャーーっとしました。
動きを付けたい絵は、そういうふうに描いた方がむしろ良いのかもしれません。


出来上がって
「あれ、クロノくん・・・?少し腕が太くないかい?」と感じてしまうのは何故だろう

服を着色する作業が楽しかったですv
水色をベースに、いくつかの色を紙の上で混ぜてみました


もどる

inserted by FC2 system